世の中のいろいろな現実とフェイクの画像を使った神経衰弱ゲームです。中には現実とフェイクを比較したもの以外も混じっていますが、なかなか面白い。

詳細は以下の通り。
FAKE FOR REAL
http://www.fakeforreal.com/

伏せられた16枚の写真。


このように神経衰弱でそろえていきます。


絵画の歴史の中で、風景はずっと背景としての役割を果たしていましたが、17世紀になって風景自体を題材とする風景画が確立されました。今日、携帯電話用のアンテナは景観を損なわないように木のように見えるものが設置されています。


左はルネサンス期のイタリアの建築家アンドレア・パッラーディオとその弟子が作った「パッラーディオ様式」と呼ばれる建築の一つ、ヴィラ・ロトンダ。右はアメリカのホワイトハウス。どちらも古代ローマ建築のスタイル。


子どもが銃を構えている二枚の写真ですが、片方はオモチャの水鉄砲で遊んでいるところなのに対し、もう片方は本物の銃を振りかざしています。彼にとって銃はオモチャではなく大事な武器。


左は「デイ・アフター・トゥモロー」で地球温暖化の影響により押し寄せる高潮に襲われるニューヨーク。こんなことは映画の中でないと起きないだろうと思われていましたが、9.11では映画以上の出来事が起こってしまいました。


ウィキペたんとそのコスプレ。


というわけで、13ターンでクリア。


・関連記事
テレビで放映される映像がどのぐらい加工されているかわかるムービー - GIGAZINE

中国で出回っている偽ブランド品の写真いろいろ - GIGAZINE

映画のイメージとかけはなれたニセモノ予告編 - GIGAZINE

ニセモノの「iPhone」が150ドルで販売されている - GIGAZINE

偽物のフェラーリをオンラインで販売していたマフィアが逮捕される - GIGAZINE

児童ポルノ画像がダウンロードできない偽リンクをクリックしただけで逮捕、有罪に - GIGAZINE

肥満=多汗=腋臭(ワキ臭)が強いというのは「ウソ」 - GIGAZINE

なんでも「あとでやる」としてしまう人が知るべき10個の真実 - GIGAZINE

子供たちにサンタクロースの真実をまざまざと伝える看板 - GIGAZINE


記事全文へ