中国に住むRao Jiacang氏は手術の途中でお金を使い果たし、タバコの箱を絆創膏代わりにしていたそうです。タバコの箱の隙間からは心臓が脈打つ様子も見えたそうですが、何故か10年間も生き延びることが出来たとのこと。

詳細は以下から。傷口を見るのが苦手な人は注意してください。Cigarette packs patch up hole in chest Metro_co_uk

Rao Jiacang氏の皮膚と肋骨の一部は1998年に行われた肺の部分切除の際に取り去られました。しかし、Jiacang氏は残りの処置をする費用がなく傷口はそのままになりました。彼はその後約5年間働けなくななりましたが、傷の痛みにはだんだん慣れていったそうで、2003年には自力で立ち上がれるようになりました。

約18.5cmの穴があいている胸。


「でも、誰も私に仕事を与えてくれず、胸にあいた穴をみんな怖がった。怖がらせるといけないので、そのうち外出する勇気がなくなっていった」とJiacang氏は述べています。

タバコの箱で胸を覆う事になったJiacang氏。



胸を覆うタバコの箱は清潔に保つため毎日数回交換されているそうですが、医師のWan Fiによると、これほど大きな開胸手術をしてふさがないまま何年間も生き延びるのは奇跡だとのこと。Jiacang氏は傷を覆うための処置をする費用を出してくれる人を切望しているそうです。

・関連記事
背中をナイフで刺されたことに気付かずに日常生活を送った男 - GIGAZINE

1メートルのポールが頭を貫通したのに生き残った少年 - GIGAZINE

体の中に異物が見えるX線写真いろいろ - GIGAZINE

男性の腹部に38センチの手術道具が置き忘れられる - GIGAZINE

記事全文へ