「おそ松くん」「天才バカボン」などを生み出して天才ギャグマンガ家と呼ばれる赤塚不二夫の「へんな子ちゃん」が、GDH製作・ゴンゾロッソ制作でアニメ化されることになりました。YouTubeで4月25日(金)から配信が開始されています。

詳細は以下の通り。
これでいいのだ! -「へんな子ちゃん」トップ-

GDH、赤塚不二夫の幻の名作「へんな子ちゃん」をWebアニメーションで配信

アニメはYouTubeの公式チャンネル「GONZODOGA」で配信されています。第1話は4月25日から配信されており、隔週で全6話が配信される予定となっています。


赤塚不二夫作品のアニメ化は「おそ松くん」「ひみつのアッコちゃん」「もーれつア太郎」「天才バカボン」に続く通算5作品目で、新たな作品としては37年ぶり。アニメ化されているのは60年代に生まれた初代へんな子ちゃんではなく、90年代の2代目へんな子ちゃん。




また、今回の作品は英語と中国語字幕付きの映像も同時に提供され、海外のファンもリアルタイムに同じ映像を楽しむことができるそうです。

・関連記事
「ドルアーガの塔」第1話でなぜか「いくら丼」が当たる - GIGAZINE

「ドルアーガの塔 〜the Aegis of URUK〜」には妄想炸裂の表1話とリアルを突きつけられる裏1話がある - GIGAZINE

2008年春期開始の新作アニメ番組一覧 - GIGAZINE

「ドルアーガの塔 〜the Aegis of URUK〜」を地上波・ネット配信で同日同時刻に最速放送 - GIGAZINE

アニメ制作会社GONZOがニトロプラス原作の「ブラスレイター」を制作中 - GIGAZINE

GONZO、YouTubeなどで新作アニメ2作品を4月からの国内放送と同日にネット配信 - GIGAZINE

テレビシリーズで人気を博した「瀬戸の花嫁」が完全新作OVA制作へ - GIGAZINE

「コードギアス 反逆のルルーシュR2」放送前の第3話がネット上に流出 - GIGAZINE


記事全文へ