F1フェラーリのドライバー、キミ・ライコネン(フィンランド)が27日に開催される第4戦スペインGP決勝への意気込みを語った。第2戦マレーシアGP優勝、第3戦バーレーンGP2位と好調を維持するライコネンは「ポジティブな状況を有効活用しなければならない。F1の世界では、形勢は一瞬にして変わってしまうからね。だからこそ、常にベストを尽くすことが重要となる」と話した。

また、先週行われたテスト走行で、フェラーリが満足のいく結果を出したことについてライコネンは「週末のテストではスピードもあり、正しい方向に向っている予感はある。フェラーリが本来の強さを発揮することを期待しているが、厳しいレースが予想される。なぜならば、ヨーロッパでの今季初戦となるスペインGPに向けて、全てのチームが改善しているからだ。白熱したレースとなるだろう」と語っている。