動画共有サイト『YouTube』や『ニコニコ動画』で、ある動画が熱いのだ。
その動画とは『中国の実写版ドラえもん』というもので、コントのような実写映像が繰り広げられるドラえもんだ。
登場するのは、のび太風なキャラクターとドラえもん風なキャラクターだ。

のび太はメガネをかけているかと思いきや、サインペンで顔にメガネの模様を直描きしてるという手の抜きよう。
いや、メガネの小道具くらい用意できるはずなので、手抜きというよりも、これも笑いの一つなのだろう。

ドラえもんに至っては口を大きく描かれており、さらにはお腹に四次元ポケットらしい物があるのだが、そこだけ何も描かれておらず気持ち悪い。

つまり、ドラえもんがリアル化されたらこうなると想像してくれればいいが、これはちょっと行き過ぎ?
頭身もおかしいしやっぱりドラえもんらしさが失われている。

「ドラえもんの身長は128センチでしょ!」と力説する根っからの藤子不二雄ファンはこの映像を見てどう思うかわからないが、「ドラえもん細い」という一部ファンの意見も聞こえてくる。

昨今、日本アニメが実写化され続けているのでもしかしたらドラえもんもハリウッド映画化!?



■オススメ! 最新人気トレビアンニュース
杏野はるなが資源の無駄遣いでプチブログ炎上?
志村けんそっくりなヤギにおばさん大爆笑!! あんだってー?
女子中学生のプリクラが見放題! 『ニコプリ帳』にアクセス殺到!
フェイス女学園で診断してもらおう!
モバゲー内で使われてるイミフ(意味不明)な用語を紹介! “モバカノ”って?
しょこたんは他人のブログを引用していた?

■関連リンク
バックナンバー一覧
トレビアンニュースについて

トレビアンニュース