DVD「SA−YA!」の発売記念イベントを行った紗綾=東京・秋葉原の石丸電気SOFT1で

写真拡大 (全12枚)

 中学生グラビアアイドルの紗綾が19日、東京・秋葉原の石丸電気SOFT1で、DVD「SA−YA!」の発売を記念し、イベントを行った。

 小学4年生で芸能界入り。Fカップ小学生として、グラビアを飾り、ジュニアアイドルブームの火付け役となった。イベントには、海外メディアも取材に訪れていた。現在14歳。高校受験を控え、勉強に力を入れている。「授業中眠くなるけど、目をパッチリ開けて頑張っています」と話していた。

[写真]笑顔でポーズを決める紗綾

 学校では「鬼ごっこ」にハマっているという。「恋愛話はしないの?」と問われると、「まだみんな子供なんで。高校生ぐらいになったらそういう話が出てくると思う」と回答。芸能界での仕事については「最初は慣れなかったんですけど、歳を重ねるたびに楽しくやっています」と話していた。

 05年に中国で反日感情が高まり、暴動が起きた際、当時11歳の紗綾の画像が、反日サイトの掲示板に投稿され、それ以降は反日活動が減少したと一部で報じられたことがある。紗綾は「知らないうちになってたので、よく分かんないです」と“奇跡”の笑顔を見せていた。

■紗綾(さあや)
1993年11月15日生まれ。福岡県出身。身長150センチ。趣味は歌。特技はストリートダンス。