ネットエイジアが行った「携帯型ゲーム機」についての調査によると、男性と女性で人気の機種が異なることがわかった。また、「携帯型」というものの、1人で自宅で遊ぶ人が過半数を超えている。

ネットエイジアは、15〜29歳のケータイユーザーを対象に「携帯型ゲーム機」についての調査を行い、401名(男性191名、女性210名)から回答を得た。

 現在最も利用している携帯型ゲーム機については、「特にない」との回答を除くと、男性では「PSP」が42.0%と最も多く、「ニンテンドーDSLite」30.3%、「ニンテンドーDS」16.8%と続いている。一方、女性では「ニンテンドーDSLite」が52.2%でトップとなり、「ニンテンドーDS」の27.4%と合わせると、この2つで8割を占める。男性で42.0%と最も多かった「PSP」は8.9%となり、男女間で利用する携帯型ゲーム機に違いが現れている。

 携帯型ゲーム機でゲームをする場所については、「自分の部屋」が最も多く81.5%、特に男性で87.4%と多くなっている。次いで「自宅の居間・リビング」が50.4%となり、自宅での利用が大半を占めている。その他の答えとしては、「電車の中」14.2%、「友人・知人の家」11.6%、「外出先」10.3%、「車の中」6.5%となっている。また、携帯型ゲーム機を使って誰と遊ぶことが多いかを聞いたところ、「ひとりで」という回答が96.6%で圧倒的。続いて「友人」23.7%、「きょうだい」19.0%、「恋人」5.6%、「親」4.3%となっている。

 また、ゲームをする頻度、時間について1年前とどう変わったかを尋ねたところ、全体では「減った」が33.9%、「増えた」は22.2%となっており、10代若年層で、ゲームをする時間が増えているとの回答が1/4以上になるものの、全体的には減少している結果となった。

【関連リンク】
モバゲーの大人向けコンテンツ「モバカジノ」は利用年齢制限なし
オンラインゲームをする場所は「自宅派」96.9%、「ネットカフェ」0.6%【2007年国内オンラインゲーム市場・ユーザー調査編】
オンラインバンキングは、携帯よりも自宅でゆっくりパソコンから―楽天リサーチ調査
バンダイ、大人気PSPゲーム「モンスターハンター」の「回復薬」をイメージした飲料水を発売

「ネットエイジアリサーチ 携帯型ゲーム機に関する実態調査」

MarkeZine編集部 [著]

■関連記事

手軽に動画コンテンツを生成できる「なにわともあれジェネレーター」が公開[2008年04月09日]

オーバーチュアに聞く、【IT業界向け】ネットマーケティングの効果改善セミナー開催[2008年04月08日]

ベネッセ、中国版「こどもちゃれんじ」の会員が10万人突破、クチコミが顧客数増大を加速[2008年04月08日]

KDDI、新サービスをいち早く公開する「au one ラボ」の携帯版をオープン[2008年04月08日]



■記事全文へ