「サヒールは、勝利を収めたいサーキットの1つだ」。

目前に迫ったF1第3戦バーレーンGPに向け、フェラーリのフィンランド人ドライバー、キミ・ライコネンが抱負を語った。ライコネンは続けて「バーレーンで過去に良いレースを行ったことはあるが、まだ優勝していない。2月にバーレーンで行われたテストでは手応えを掴んでおり、GPが始まるのを心待ちにしている。マレーシアで優勝を収めてからコンディションも良い。この調子で今季を戦っていくとこができれば最高だ」と語っている。