奥菜恵が自叙伝エッセー出版! 萌え&セクシーショットも満載!

写真拡大

 昨年5月に引退報道が流れ、以後すっかり影を潜めていたタレントの奥菜恵(28)が、自叙伝エッセーの出版と共に芸能界に復帰することがわかった。

 4月8日に発売予定の同書のタイトルは、『紅い棘』(双葉社)。引退報道の真相から、05年7月に離婚したサイバーエージェント・藤田晋社長との生活、また中学時代に過食症に悩まされたことや、高校時代に孤独感からリストカットを試みたことまで、赤裸々に綴っている。また、同書には奥菜自らが撮影した“セルフレポート”がカラー32ページにわたって100点以上収められている。背中を完全露出したセクシーショットから、萌え系メガネをかけたメイド服姿、胸元を大胆に開けた妖艶な着物姿など、いろんな意味でキワドい写真だ。

 さらに、今回の復帰を機に奥菜は、「小茉莉」(尊敬する作家・森茉莉のもじり)という別の名前でアーティスト活動”を始めるとか。今後は作詩やデザイン、演出などを手掛けていく予定で、その小茉莉のデビュー作が、『紅い棘』のセルフポートレートというわけだ。

 しかし、一体なにが彼女を復帰へと促したのか。『紅い棘』によると、その裏には、元夫の藤田氏との空虚な結婚生活があった。藤田氏が多忙だったせいで、結婚後間もなく、夫婦間の会話はなくなっていき、また、2人の価値観の違いも明らかになっていった。夫の無反応、無関心のせいで、奥菜は一種の鬱状態になりかけていたという。

 そうした中、救いとなったのが、「女優として演じたい」という思いだった。奥菜は復帰にあたり、「平坦な道よりも“紅い棘”のある道をこれから進んで行きたい」とコメントしている。

 清純派の美少女アイドルから、ITベンチャー社長夫人へ。そして今回、本格的に女優・アーティストへのステップアップを試みる奥菜。篠原涼子や永作博美のように、“実力派”として新たな境地を切り拓くことができるか? 現在全米公開中の初のハリウッド進出映画『Shutter』は、好調なすべり出しを見せているという。同作品の日本での評価(秋に公開予定)にも要注目だ。

【関連記事】 しゃべりたがりの神田うの 会見主催者にキレた!?
【関連記事】 ケミストリー川畑が結婚! で……あの元カノはどうなった?
【関連記事】 マスコミに愛想をつかされたゆうこりんの会見
【関連記事】 TOKIO松岡の同棲発覚は「倖田來末のせい」!?
【関連記事】 広末と別れたダンナの懐事情
【関連記事】 美尻アイドルにナマで○○!?
【関連記事】 倖田「エロかわ」失速で、安室再ブレイクか !?
【関連記事】 ロリロリ白人U-15美少女がスク水や猫耳姿に!
【関連記事】 あの美少女アイドルが、猿ぐつわでSMプレイ!?
【関連記事】 絶好調の川上未映子 文芸編集者が語る氏の“実力”とは?
【関連記事】 あの“美人議員”がポニーキャニオンからついにデビュー!
【関連記事】 『恋から』出身アナの輝かしいチャイドル時代
【関連記事】 グダグダ剛にガンバル嵐 ジャニーズ番組などいらない!?
【関連記事】 『ロンハー』の「格付け」から梨花が消えちゃった理由
【関連記事】 しょこたん涙目? ブログ完全移籍と大人の“裏”事情
【関連記事】 Tバック・手ブラは当たり前! 迷走するジュニアアイドルの未来

■サイゾー 関連リンク
日刊サイゾー マスメディアでは報じない日本の「深層」を伝えています
サイゾー裏チャンネル サイゾーの公式ケータイサイトがついにオープン!