「鋼の錬金術師」19巻©2008 Hiromu Arakawa
 スクウェア・エニックスは、「はがれん」の愛称で知られる「鋼の錬金術師」のコミック発行部数が、最新巻の19巻で累計3000万部を突破したことを発表した。

スクウェア・エニックスは、同社が発行する月刊コミック誌「少年ガンガン」で連載中の「鋼の錬金術師」(原作:荒川 弘)のコミックス発行部数が、3月22日に発売された第19巻で累計3,000万部を突破したこと発表した。


「鋼の錬金術師」19巻
©2008 Hiromu Arakawa

※画像はプレスリリースより転載。

 2001年7月より「少年ガンガン」で連載を開始した「鋼の錬金術師」は、幼くして母親を亡くしたエドワードとアルフォンスのエルリック兄弟が、錬金術によって失った自らの身体を取り戻すため、絶大な力を持つ賢者の石を探す旅に出るというストーリーを壮大なスケールで描いた作品。2003年にはTVアニメ化、2005年には劇場版「鋼の錬金術師〜シャンバラを征く者」が公開され、100万人以上の観客総動員数を記録。2004年1月には第49回小学館漫画賞をはじめとした各賞を受賞している。

【関連リンク】
出版関係者とコミック好きのための2つのツール「artrace」と「続きが読みたい!」
2007年、最も全巻読破されたコミックランキング1位は「ドラゴンボール」
「コミック・ガンボ」休刊の原因は広告不振、版元は負債2億円で事業停止
「少年サンデー」と「少年マガジン」共同でマンガ雑誌を出版、小学館と講談社が合意
「エロマンガ島」から「ヤリキレナイ川」まで!世界中の珍名所を制覇するサラリーマン、安居良基さんインタビュー

MarkeZine編集部 [著]

■関連記事

マイクロアド、4月に大阪支社を設立[2008年03月31日]

NTTドコモ、プロゴルファー石川遼とスポンサー契約を締結[2008年03月31日]

KDDI、SaaSソリューション「KDDI Business Outlook」を月額980円で4月から提供[2008年03月31日]

ロックオン、「EC-CUBE デザインテンプレート」提供を開始[2008年03月31日]



■記事全文へ