サイバーエージェントは、6月1日付けで、100%連結子会社であるアドプレインを吸収合併することを決定した。

今回の合併は、ゲーム内広告代理事業を中心に展開しているアドプレインを統合することによって、経営資源の集中による効率化を図り、収益性をより強固なものにするのがねらい。合併方法は、サイバーエージェントを存続会社とする吸収合併方式で、アドプレインは消滅する。

【関連リンク】
H.I.S.が旅行業界で初めてセカンドライフに進出 サイバーエージェントとアドプレインが支援
ゲーム内広告のアドプレイン、ついにセカンドライフへ進出
ニフティとスクエニ、「Game@nifty」でゲーム内広告の配信をスタート
米Google、Adscape Media買収で「ゲーム内広告」というフロンティアを開拓
マイクロソフトがゲーム内広告の収益を作者に還元、年収600万も夢じゃない?

MarkeZine編集部 [著]

■関連記事

「鋼の錬金術師」コミック累計発行部数が3000万部突破[2008年03月28日]

企業の環境活動について具体的に知りたい人のための「CSR検索」が「環境goo」でスタート[2008年03月28日]

変わる中国の法制度、8月施行の独占禁止法がMicrosoftのYahoo!買収に影響?[2008年03月28日]

デジタルフォレスト、アクセス解析ツールでオンラインゲームユーザーの嗜好をつかむカプコンの事例を公開[2008年03月28日]



■記事全文へ