「予選2位は、決勝戦に向けて良い結果と言える。明日は自分のレースをするつもりだ」。22日に行われたF1マレーシアGP公式予選で、2位となったフェラーリのフィンランド人ドライバー、キミ・ライコネンが、予選結果で手応えを明かした。

同僚フェリペ・マッサがポールポジションを獲得したことについてライコネンは「シーズンは長い。今後どのような展開になるか見守らなければならない。オーストラリア戦のことはもう忘れた。自分の目標はミスを犯さず、自分自身とチームのためにポジティブな結果を得ることだ。雨?明日どのような天候となるかは分からないので、状況を見守らなければならない。ただ、天候に関係なく、レースは厳しいはずだ」とコメントしている。