Webの裏ワザ大公開
ひと味違うオモロ検索、価格コム縦型比較、GPS不要の位置情報 Mash up Award発!Webの裏ワザ大公開
第3回目となるMash upの祭典「Mash up Award 3rd」が開催された。API提供の企業・団体が27社と増加し、最優秀賞金も100万円に倍増!第1回、第2回では受賞式での模様をお届けしたが、今回はAPIの提供企業3社にWebサービスの「裏ワザ」と、Mash up Award 3rdへの期待を聞いた。

■Mash up Award 3rd/つながる、ひろがる、つくりだす。可能性は無限大。■
Mash up Award 3rdの開催期間は6月27日〜9月10日、この記事が公開された3日後の9月30日が授賞式。「つくるぶ」や「Mash up Caravan」などデベロッパーへの応援企画も充実した今回は、最優秀賞の賞金が何と100万円、マッシュ賞、アップ賞、各社・各サービスの部門賞はそれぞれ20万円。受賞作品数も増えてMash up Awardの進化は止まらない。

■エッジの立った検索エンジンでネタ探しはいかがですか?■
最大公約数的な検索結果ではオモロくない!
ご存じの方も多いだろうが、検索エンジンは世の中にたくさんある。GoogleやYahoo!を一般・標準型とすれば、SAGOOLは自称「オモロ検索エンジン」。検索窓には吹き出しがあり、誰かが現在検索しているキーワードが並んでいる。
 これは「WACAAL」(ワカール)という機能だが、「イソマルトオリゴ糖って何だよ」などと思わず見てしまう。そして何より、「オモロアルゴリズム」という独自のアルゴリズムによる検索結果が秀逸だ。
「試しに『リクルート』って入れてみましょうか。普通なら御社のHPや媒体名などが検索されますよね。でもSAGOOLですと……ほら、『リクルートの人はなぜ辞めちゃうのか』なんてブログが見つかります(笑)。そのワードにある程度の知識のある人なら、エッジの立ったSAGOOLのほうがオモロ結果が見つかりますよ」(マーケティングテクノロジーサービスDiv. マーケティングプランナー 高須正和さん)

 SAGOOL誕生のきっかけは、社内ミーティングで出てきたロジックだった。
「多分、僕が言ったのだと思います。社長も『検索エンジンはアメリカにやられっぱなしだから、別のものをつくりたいね』と話していましたし。ただ、よく覚えていません。すみません(笑)」(ITサービスDiv. テクニカルディレクター 喜多慎弥さん)
 開発は主要メンバー4〜5人で2005年からスタート。2006年6月にリリースし、現在では1カ月に約100万クエリ(検索語)まで使われるようになった。
「私も開発メンバーですので、『ナゾール』を説明させてください(笑)。検索結果のテキストをなぞる(マウスで文字列を範囲選択する)と、その言葉の検索結果が下に表示されます。また、SAGOOLをプラグインすれば、通常のサイト内の文字をなぞるだけでSAGOOLで検索されますよ」(ITサービス Div. テクニカルディレクター 槌谷拓也さん)
 ちなみに検索結果は先読みによる「無限スクロール」。機能があまりに便利すぎて、検索の迷路にハマってしまうかも?

ほかの検索エンジンと併用してブログの話題を探す
こんなSAGOOLの知られざる使い方はないか。高須さんによれば、ブログのネタ探しにいい方法があるという。まずはSAGOOLをプラグイン。ほかの検索エンジンを表示させてナゾールを使うと、SAGOOLの検索結果が画面脇に別枠で表示される。
「こうすれば、2つの検索エンジンが左右に表示されます。両方に同じ単語を入れて検索すると、かなり違った結果が出てくるんです。ブログを書くときにはネタに困ってしまうものですが、話題探しに役に立つと思いますよ」
 SAGOOLはサイトだけでなく動画も検索でき、Wiiや携帯電話からもアクセスできる。そして現在もバージョンアップを続けている。
「平均すると2カ月に一度くらい、機能の追加などを行っています。今後ですか? う〜ん、わからんけど、もっとすごいことをやりたいです」(代表取締役社長 猪子寿之さん)

  SAGOOLは「Mash up Award 2nd」でも提供されており、チームラボが作品を見る目はなかなか厳しいようだ。
「検索エンジンとして使われるのはいいのですが、SAGOOLだからという特徴をぜひ出してもらいたい。高須も言っていたブログ記事の作成補助機能が付くとか、もうひとひねりが欲しいです」
 猪子さんは創業社長でほかの3人は転職者。現在でもエンジニアを募集しているという。どんな人がよいかを猪子さんに尋ねると、しばらく考えた末に「う〜ん、オモロイ人」。



Mash up Award発!Webの裏ワザが知りたい人はコチラ!
 :
 :
この記事の続きはライブドアキャリアで

■関連リンク
livedoor キャリア