私立文京学院大学女子中学校の校長が山手線の車内でスリ行為をはたらき、警視庁愛宕署に窃盗容疑で逮捕されていたことが17日明らかになった。
同校は、バレーボールの全国大会で2連覇を達成した強豪。


私立中学の校長が窃盗容疑で逮捕ー。耳を疑うような一報が飛び込んできた。

調べによると窃盗容疑で逮捕されたのは、東京都文京区の私立文京学院大学女子中学校校長の谷田貝秀雄容疑者(52)。

谷田貝容疑者は、10日夜、JR山手線の恵比寿から浜松町駅へ向かう車内で、乗車していた女性のかばんからおよそ22000円相当の入った財布を盗んだ疑いがもたれている。

当初、女性は自分の財布がすられたことに気づかなかったが、他の乗客が犯行を目撃、女性に声をかけたことから事件が発覚した。

谷田貝容疑者は容疑を認めており、「(犯行当時は)酒に酔っていた」と供述しているという。

文京学院大学女子中学校は、学校法人文京学園が経営する文京学院大学の併設校。1924年(大正13年 4月)に本郷女学院として島田依史子により創立された。
同校のバレーボール部は全国大会出場の常連校として、これまでに5度の優勝を果たし、昨年・今年にいたっては2連覇を達成している。

谷田貝容疑者は、平成18年 4月に同校校長に就任していた。