東芝のHD DVD撤退を受けて、Xbox360がこれまで採用していたHD DVDドライブから、Blu-rayドライブに移行するかもしれない可能性が出てきましたが、マイクロソフトの幹部がその可能性を否定したそうです。

つまりXbox360は次世代DVDに対応しないということなのでしょうか。

詳細は以下から。
Xboxのブルーレイ対応に関する協議は行っていない=米マイクロソフト幹部 | マネーニュース | 最新経済ニュース | Reuters

この記事によると、マイクロソフトの家庭用ゲーム機「Xbox360」事業のグループプロダクトマネージャーが、ロイター通信社のインタビューに対して、ソニーが推進する次世代DVD規格であるBlu-rayをXbox360に対応させる協議は行っていないと言明したそうです。

なお、Xbox360が好調な売れ行きを見せるアメリカ市場ですが、今年に入ってからPS3の販売台数がXbox360を上回っているとのことですが、人気ゲームソフトシリーズの最新作「Grand Theft Auto IV」が4月末に発売されるのに合わせてXbox360の在庫を潤沢に用意することで、PS3を迎え撃つ方針だとしています。

ちなみに以下の記事によると、東芝のHD DVD撤退を受けて次世代DVDを買い控えていたユーザーなどが購入を始めたことから、Blu-rayを搭載したレコーダーが順調に売れ始めているとのことですが、今後の市場の動向によっては、マイクロソフトが検討を始める可能性もあるのでしょうか。

新世代DVD、規格統一で普及の兆し

・関連記事
Xbox360が大幅値下げ、次世代ゲーム機で最も安い価格に - GIGAZINE

Xbox360のHD DVDプレーヤーが絶賛投げ売り中 - GIGAZINE

Xbox360で自作ゲームがプレイ可能に、ソフトのラインナップは1000本超へ - GIGAZINE

PS3、Wii、Xbox360のワイヤレスコントローラ、バッテリが長持ちするのはどれだ - GIGAZINE

今年中に新型のXbox360、その名も「Xbox360 Ultimate」が登場するかも - GIGAZINE


記事全文へ