『グラントゥーリズモ』の発表からちょうど1年。マセラティは、新たなワールドプレミアとなる『グラントゥーリズモ S』と共にジュネーブモーターショーに再び帰ってきた。
マセラティ伝統の卓越したスポーツ性能を究め、さらに究極のドライビングプレジャーを追求した『マセラティ グラントゥーリズモS』は要チェックだ。

『グラントゥーリズモ S』に搭載されるパワーユニットは4.7リッターV8エンジンだ。
440馬力を軽く叩き出すこのエンジンに新開発の電子制御トランスミッションであるMC-シフトが組み合わせられる。
このMC-シフトギアボックスは、高性能スポーツカーを象徴するトランスアクスルレイアウトを採用することで、よりスピーディなシフトチェンジを可能とする。

そして、ブレンボ社と共同開発した高性能ブレーキシステムを装備し、制動性能をアップ。アルミとスチールを組み合わせたデュアルキャストテクノロジーを採用したフロントブレーキディスクを使用し、アルミモノブロック6ピストンキャリパーと組み合わせる事で、圧倒的なブレーキパフォーマンスを発揮する。

エクステリアやインテリアにおいても、いくつかのデザインが見直され、より洗練されたデザインに変更されている。

日本での発表は5月の予定だが、価格や日本国内での導入時期は未定としている。

マセラティ グラントゥーリズモ
http://www.maseratigranturismo.com/?lang=en