ニフティとスクウェア・エニックスがが、無料カジュアルゲームの利用実態調査を実施したところ、F2層(35〜49歳の女性)の利用が多いことが明らかになった。

本調査は、ゲームポータルサイト「@niftyゲーム内」の「無料ゲームPLUS」の利用者を対象として、2007年11月15日から2008年2月14日にかけて行われ、2,575名から有効回答を得た。パズル、アクション、カードゲームなど、手軽に楽しめるゲームの総称である「カジュアルゲーム」は、海外同様男性以上に女性の利用者が多い傾向があることが今回の調査で明らかになった。

 発表された資料によると、無料カジュアルゲームの利用者は女性66.0%、男性34.0%、年齢は35歳から49歳が全体の52.7%をしめ、いわゆるF2層が中心となっている。利用する場所は自宅が93.7%、1回のプレイ時間が1時間以上のユーザーが44.2%となっている。また最も人気があるゲームのジャンルは「パズル」では、「いつも遊んでいるゲーム」で85.4%、「今後増やしてほしいゲーム」で68.1%と圧倒的な人気。

 両社は、無料カジュアルゲームのステージ間で広告を配信する「インステージ広告」の配信を、NTTレゾナントの「gooゲーム」、NTTコミュニケーションズの「OCNゲーム」内で開始する。これによって、総広告表示回数が従来の約4倍に拡大することから、5月5日以降、月単位から週単位へ販売方式を変更する方針だという。

【関連リンク】
ニフティとスクエニが展開する「インステージ広告」は、バナー広告の10倍以上の効果あり!
D2C、モバイル・キャンペーンに利用できるゲーム・占い600種類をそろえた「コンテンツタンク」スタート
オンラインゲームをする場所は「自宅派」96.9%、「ネットカフェ」0.6%【2007年国内オンラインゲーム市場・ユーザー調査編】
バンダイ、大人気PSPゲーム「モンスターハンター」の「回復薬」をイメージした飲料水を発売
エースコック、人気ゲーム「龍が如く」の裏メニューを再現

MarkeZine編集部 [著]

■関連記事

ADK、ドバイ駐在員事務所設立、中東・北アフリカに商圏を拡大[2008年03月11日]

コンテンツを自動収集、サイトを自動構築する「mediajamソリューション」リリース[2008年03月11日]

AMN「ブロガー勉強会」開催、4名の著名ブロガーが登場[2008年03月11日]

25%の法人が「自社携帯サイトのアクセス解析をしていない」と回答【インプレスR&D調査】[2008年03月10日]



■記事全文へ