「ステファニー」<br>2008年03月05日発売<br>3,059円 (税込) / SECL-623

写真拡大

 昨年5月に発表したデビューシングル「君がいる限り」でその素顔を公開して以来、今月5日に自らの名を冠したファーストアルバムを発表したステファニー。少年のように伸びやかなハイトーンな歌声をもつ彼女が、一条ゆかり原作による映画「プライド」(2009年1月下旬公開予定)で、主演を務めることが明らかになった。

 「プライド」は、昨年に代表作「有閑倶楽部」がKAT-TUNの赤西仁・主演によりドラマ化され、今年でデビュー40周年を迎える少女マンガ界の女王・一条ゆかりの傑作。月間販売部数20万部の月刊女性コミック誌「コーラス」(集英社刊)で2002年12月号より連載開始し、既刊8巻で約27万部を発行している。

 オペラ歌手を志す、育ちも性格も対象的な二人の女が運命的に出逢い、二人の全く異質なプライドが幾度となくぶつかりあう、不器用だが、ひたむきな彼女たちの姿が観客の心をとらえる青春ドラマ。「ライバル」から「ベストパートーナー」へと変わっていく人間ドラマに珠玉の曲が加わり、絶妙に共鳴し合い、強さと華やかさを増した二人の歌声が、クライマックスへと導いていく。劇中でステファニーは、名門音楽大学の声楽科に通い、美貌、実力ともに兼ね備えた優等生・麻見史緒役を演じる。

ストーリー
今は亡き有名オペラ歌手の娘で、エリート音大生の麻見史緒。美貌と才能に恵まれ、裕福な育ちで、大学卒業後にはウィーン留学も控えていた。一方、貧しい母子家庭で育った緑川萌も、地味ながらもオペラ歌手を夢み、バイトに励む日々を送っていた。正反対の環境に育ち、同じ夢を追う二人が運命的に出会った。史緒への強い羨望と嫉妬。それが、萌の生き方を大きく変えた。汚い手を使ってでも成り上がり、この惨めな生活から逃げ出す決意をする。その頃、史緒にも人生最大の転機が訪れていた。史緒の父親が破産。留学はキャンセルになり、これまでの生活が一変して自立を迫られることになる。だが、歌うことだけは諦めずイタリア留学をかけたコンクールに挑む史緒だが、再会した萌の策略によって優勝を逃す。お嬢様育ちの気高いプライドを打ち砕かれ初めて挫折を味わう史緒。そして自らプライドを投げ打って、留学という大きなチャンスを掴んだ萌。生き抜くために必要な本物の「プライド」とは?そんな葛藤の中、二人の女の戦いが始まった。

- 登場人物 -

麻見史緒
名門音楽大学の声楽科に通い、美貌、実力ともに兼ね備えた優等生。父親の会社が倒産し、お嬢様としての生活が一変する。蘭丸に誘われ銀座の倶楽部でシンガーとして働くことになる。

緑川 萌
場末の飲み屋で歌手をしている母親との二人暮らし。三流だが音大の声楽科に通い、バイトをして学費を稼ぐ苦学生。史緒との出会いと時同じくして、クイーンズレコードの若き社長・神野とも知り合い、成功を掴むためのアドバイスを貰う。

池之端蘭丸
史緒と同じ大学出身のピアニスト。史緒と萌に自分の曲を歌って欲しいとユニット結成の話を持ちかける。

神野 隆
レコード会社クィーンレコードのやり手の副社長。自社主催のコンテストで萌と史緒に出会う。慕ってくる萌よりも、憧れのオペラ歌手の娘、史緒に興味を持つ

ステファニー - アーティスト情報
一条ゆかり『プライド』 - 集英社

■関連記事
ステファニー、「機動戦士ガンダム00」新エンディングテーマ(2008年02月02日)
第49回日本レコード大賞は、コブクロ「蕾」(2007年12月30日)
中村中とステファニーのライブに無料招待(2007年08月07日)
ステファニー、クリスタルヴォイスを披露(2007年06月14日)
謎の歌姫ステファニー、貴重映像を公開(2007年06月08日)