「27歳正社員の平均年収は439万円」 若手ビジネスパーソンの給料に関するアンケート調査

写真拡大

 若手ビジネスパーソン向けの雑誌「日経キャリアマガジン」は、27歳のビジネスパーソンに対して給料に関するアンケート調査をし、3月10日、調査結果を発表した。

「日経キャリアマガジン」が、27歳のビジネスパーソンに対して給料に関するアンケート調査をしたところ、その結果、平均年収は479万円で、全体のほぼ3分の2が年収300万−400万円台、「年収に満足」は3分の1どまりであることなどが明らかになった。

 調査では年収300万−400万円台が、全体のほぼ3分の2を占めている。27歳の平均年収は439万円だった。比較のため調査した30歳では300万円台以下が減少し、600万円以上が大幅にアップ、平均年収は479万円だった。初任給と比べると27歳では平均43万円のアップ、30歳では平均60万円のアップした。

 「年収の満足度」を見ると、「満足している」と「やや満足」の合計が27歳は34%。対する不満足度合い(「やや不満」と「不満」の合計)は、46%。一方、30歳では満足は25%に減少し、不満足が60%に増えている。同一人物の意識の変化を集計したデータではないので単純に比較はできないが、若手から中堅へと移り変わるこの期間、責任は重くなる一方、それに比べて年収が増えたという意識はあまり持てないということかもしれない。
 また「5年後の年収はどうなると思うか」尋ねたところ、「やや上がる」が56%で最多、「横ばい」が32%。30歳でも「やや上がる」が57%など似た結果で、早いうちから年収に対する期待感は薄らいでいる姿が浮き彫りになった。

【調査概要】
調査方法:インターネットアンケート
調査対象:27歳、30歳の男女ビジネスパーソン各100人。調査会社「ヤフーバリューインサイト株式会社」を通じて、同社の会員の中から、以下の条件で絞り込んだ。
調査期間:2008年1月下旬

【関連記事】
あの女子アナの年収は? ニュースでは教えてくれないマスコミの給料格差
華やかな東京モーターショーの最中に感じた収入格差
日本経団連が標準者賃金を発表 大卒35 歳、38 万9,029 円
流通業界の地域格差 進む年収の「西高東低」
その差480倍!グッドウィル折口会長と登録派遣の「収入格差」の現実


MoneyZine編集部[著]

■関連記事

あの有名ホテル従業員の年収を大公開 年収とホテルのランクとサービスの良さは比例するか[2008年03月17日]

あの有名ホテル従業員の年収を大公開 「年収とホテルのランクとサービスの良さは比例するか」[2008年03月17日]

若者が喜ぶ給料の前払いO.K. みずほコーポが取り入れた「前給」とは[2008年02月14日]

IT関連企業の若者、転職・起業志向が顕著[2008年02月07日]

マネー診断Vol.4 「マイホーム買うには頭金いくら必要ですか?」[2008年01月18日]



■記事全文へ