ヤ軍松井 ついにファーム決定?

写真拡大

 ヤンキースのゴジラ松井がピンチに立たされている。レギュラー取りどころか、ファームに追いやられる可能性が高い、というのだ。一度貼られた「故障持ち」のレッテルは地獄へのチケットとなってしまうのか…。

 ニューヨーク在住のジャーナリストが深刻そうに語る。

 「ニューヨークっ子の間では、もう松井秀喜の名前が出てきません。新聞にも掲載されないし、もはや“過去の人”になってしまった。ファンの中には、まだマツイはヤンキースにいるのか、と言う者もいるほどです。ヤンキースファンは本当に厳しいですよ」

 ひとたびイメージがおかしくなると、手の平を返したような態度になるのが大リーグファンの特徴。本塁打の記録を数々持つバリー・ボンズ、300勝投手のロジャー・クレメンスが“薬物使用疑惑”に巻き込まれた途端、そっぽを向き「彼らを応援してきたオレが間違っていた」などと平気で口にするのだ。

 ニューヨークのファンは米国でも「最も辛らつ」という定評がある。

 「力が衰えるとボロクソですよ。早く帰れ、とはっきり言うファンも少なくない。松井秀喜はその対象になっています。こうなるとチームメートもよそよそしくなりますからね」(松井秀番記者)

 右ヒザを昨年手術した後の今キャンプでの松井秀は、やはり不安そうで元気がない。唯一の武器であるバッティングもこれまでと違って迫力に欠ける。

 「松井秀喜は最高の理解者だったジョー・トーリ監督が辞めてからチーム内での立場が変わった。もう“箱入り息子”ではなくなったわけです。打つだけの選手ではもう使ってくれません。それにあのシビアなオーナーも、黙っていないでしょうね」(大リーグ通)

 そのオーナーと言えば、スタインブレナー氏。造船会社のボスで、有能なビジネスマンであると同時に、超ワンマン、激しい気性で米国では有名。エピソードには事欠かない。

 「何しろ負けることが大嫌い。趣味は、監督のクビをすげ替えること、といわれるほどで、過去に何人取り替えたか」「役に立たない選手が試合中にファーム行きを命じたことも数えきれない」

 などなど。マスコミから批判を受けると「金を出しているオレが好きなようにやって何が悪い」と“成金丸出し人間”でもある。

 「名将」と言われたトーリ監督を切ったのも「勝てない役立たずに成り下がった」からで、契約内容で物別れが退団の原因とはだれも信じていない。ほうり出したのである。

 だから松井秀に対して「打てないならあっち(2軍)へ行け」と言いかねない。

 「スタインブレナーはフロントに、松井秀の今季の可能性を数字化して出せ、と命じているようです。年俸と試合出場数、ホームラン数などで予測するわけですよ。数字が悪ければペナントレース前にチームから外される可能性が高い。本当にピンチですよ」(大リーグ通)

 メジャーはケガ、故障者などは日本のように“公傷”などといって優しく扱ってはくれないのである。松井秀はいま大リーグの本当の厳しさを味わっているといったところか。