CG-WLGAP01
 コレガは3日、家庭用ゲーム機のネットワーク接続に適したIEEE802.11g/b対応無線LANアクセスポイント「CG-WLGAP01」を発表した。価格は5,985円で、3月7日発売。

 同製品は、Wii/ニンテンドーDS/プレイステーション3/PSPといった家庭用ゲーム機のネットワーク接続に対応する、IEEE802.11g/b規格準拠の無線LANアクセスポイント。セキュリティ機能として、WEP、WPA-PSK(TKIP/AES)、WPA2-PSK(TKIP/AES)などをサポート。SSIDを2件設定できる「マルチAP」機能を搭載し、各SSIDはPC用/ゲーム機用など別々にセキュリティ設定を行える。また、出荷時にあらかじめセキュリティ設定がされており、本体裏面に記載されている13桁のwepキーを入力するだけで、ゲーム機などのセキュリティ設定を行なえるとしている。

そのほかの仕様として、有線インターフェースは100BASE-TX/10BASE-T×5ポートのスイッチングハブを装備。本体サイズは幅100×高さ25×奥行き81mmで、重さは100g。縦置きスタンドが付属。

■関連ニュース
バッファロー、PLC/無線LANアダプタなど9製品の価格改定を実施――最大50%値下げ
コレガ、Draft11n対応の無線LANルータ―トリプルパワーアンテナ搭載
【ビデオニュース】Macに対応したUSB接続の無線LAN子機が欲しかった
無線LANがつながらなかったら返金! コレガのキャンペーン
アイ・オー、ドラフト11n準拠の無線LANルータと子機セット――映像配信サービスにも対応