2つの老舗マンガ雑誌が共同でひとつの雑誌を編集するというプランが発表された。雑誌の売れ行き不振が続くなか、この状況を少しでも打開しようという試みのようだ。

NHKなどの報道によると、この計画は来年ともに50周年を迎える小学館の「少年サンデー」と講談社の「少年マガジン」が、不振が続く業界の活性化をねらって打ち出したもの。新雑誌は、増刊号として発行し、サンデーの「名探偵コナン」と、マガジンの「金田一少年の事件簿」の過去の作品を掲載し、4月から発行を開始するという。

 同じ出版社のなかの2つの編集部ではなく、異なる出版社の編集部が協力するのはきわめて異例。この新しい試みにファンがどのような反応を見せるか注目される。

【関連リンク】
「主婦の友」休刊、90年の歴史に幕
「ジャンプスクエア」創刊2号も異例の6万部増刷
「コミック・ガンボ」休刊の原因は広告不振、版元は負債2億円で事業停止
「無料」でも続かなかった…マンガ週刊誌「コミック・ガンボ」創刊1年で休刊
無料週刊マンガ誌「コミック・ガンボ」、江川達也ら人気作品を単行本化

MarkeZine編集部 [著]

■関連記事

携帯のOpenID化? NTTドコモ、一般サイトへのログインを簡略化する「iモードID」を3月から提供[2008年02月28日]

「OpenIDファウンデーション・ジャパン」設立へ、ミクシィ、ヤフーら8社が参加表明[2008年02月28日]

米大統領選の行方を左右する、アメリカのSNS事情[2008年02月28日]

イーベイとヤフーのコラボ 鳴り物入りでスタートした「sekaimon(せかいもん)」をチェックしてみた[2008年02月28日]



■記事全文へ