すでにパソコンが一般家庭に普及し、画像加工ソフトで簡単に心霊写真を作成できる世の中ですが、あえて幽霊を自分で作る方法が紹介されていました。実際に触れられるものなのですが、写真に撮ると、「いかにも」といった感じの幽霊となっています。

詳細は以下から。Easy, Do-It-Yourself Ghost Wacky Archives

準備する素材はフェンスのみ。


フェンスを人の形に作り上げていきます。


撮影のため自立できるように作成。


そして完成。近くで見るとただの気持ち悪い置物。


これぐらいの距離でもちょっと粗が見える。


しかし遠くから撮影すると、スケスケの幽霊が写った心霊写真になります。


・関連記事
幽霊の少女を乗せて事故が起きる様子を記録したムービー - GIGAZINE

身の毛もよだつような恐ろしい拷問器具の写真いろいろ - GIGAZINE

幽霊付きの灯台が1ドルで売りに出される - GIGAZINE

警察のヘリコプターがUFOを追跡するムービーなどUFOムービーいろいろ - GIGAZINE

記事全文へ