「らき☆すた」商品券(画像提供:幸手市商業協同組合)

写真拡大

   埼玉県幸手市の幸手市商業協同組合は、人気アニメ「らき☆すた」を使った商品券を2008年3月30日に売り出す。「らき☆すた」は07年に放送された人気アニメ。女子高生のゆるい日常を描いた作品で、幸手市は登場人物たちの住む街のモデルとされている。人気アニメを使用した商品券の発売を通して町興しをしたいとのことだ。

   今回売り出すのは、500円券が8000枚、1000円券が2000枚。500円券は「らき☆すた」の主要キャラクターのこなた、かがみ、つかさ、みゆきを使った4種類。1000円券は、主人公泉こなたをメインとし、主要キャラクター4人を配置した1種類となっている。幸手市内の組合加盟店110店で利用できる。

   また、幸手市商工会は、桜花びら型「らき☆すた」携帯ストラップを3月20日から市内の商店で発売する。こちらは全9種類で630円。3月2日には、ストラップの先行販売や各種イベントを予定している。

J-CASTニュースとは?

従来のマスコミとは違うユニークな視点で、ビジネスやメディアに関するさまざまな記事を発信しています。読者投稿のコメント欄も充実!
国内最大級の新商品サイト「モノウォッチ」も開設!