最近、女性結婚詐欺師による事件が多発している。なぜ人はこうも簡単に騙されてしまうのだろうか。詐欺は「私は注意深い」と思っているあなたを含め、誰もが被害者になってしまう可能性があるのだ。(バックナンバーはこちら

■忍び寄る女性結婚詐欺師

 結婚詐欺というと、結婚する気もない色男が結婚適齢期の女性に近づき、女性がせっせと貯めていた貯金を掠め取る様子が想像される。だが、必ずしもそうとは言えない。

 先日このようなニュースを目にした。「元ミス日本の美女が結婚詐欺」 (産経新聞)  何でも、元ミス日本で47歳の女性が、生活費や遊興費目的で結婚詐欺を繰り返していたとのこと。その女性は、「 男性が私にぞっこんなので、だますのは簡単だと思った」 と述べているそうだ。  このように、結婚詐欺は必ずしも男性の専売特許ではなく、女性が主体的に結婚詐欺を行うこともある。

 また、同じく最近だが、次のようなニュースもメディアよって流された。「72歳女、10都県27人結婚詐欺 被害1億円 」(産経新聞)

 何でも、平成20年1月31日に新潟県で72歳の女性が結婚詐欺容疑で再逮捕されたとのこと。その女性は派手な金髪のかつらを付けて結婚相談所に赴き、そこで知り合った高齢男性に 「税金未納で差押を受けそう 」などと頼み込み、借金をする手口を繰り返していたそうだ。  このように、高齢の男女間で女性から結婚詐欺を持ちかけるケースも存在するのである。

■常識にとらわれ過ぎると騙される

 結婚詐欺とは、男性が結婚適齢期の女性に行うものだという常識が頭に存在すると、女性が行う結婚詐欺に騙されかねない。これらの結婚詐欺で騙された男性も、よもや自分が結婚詐欺に引っかかるとは夢にも思っていなかっただろう。

 最近、この手の女性による結婚詐欺のニュースをよく目にする。結婚詐欺は男性が行うものという常識を利用していると思われる。このように、常識にとらわれ過ぎるのも詐欺に対するガードが低くなるため考えものである。

 結婚詐欺では、結婚を前提とした男女間で、何らかの理由をつけてお金を貸してほしいと頼むことによって行われることが多い。それでは、結婚詐欺か単なる借金の申し入れかをどのように判断すれば良いのかご存じだろうか。(次ページへ続く)


横張 清威[著]

■関連記事

メディアのトーンの変遷で相場を考える[2008年03月06日]

マネー診断Vol.7マネー診断 「ワーキングプアから脱却したい!」[2008年03月05日]

オンナに受けない街では儲からない!理想は「女性誌に取り上げられる街」[2008年02月26日]

投資詐欺の実態 女性結婚詐欺師に騙された人々[2008年02月23日]

ゴールドマン・サックス「2007年 eワラント売買高ランキングトップ10」発表[2008年02月20日]



■記事全文へ