ガソリンスタンドでトイレのセンサーを盗もうとした台湾の若いメカニックが逮捕されました。彼はメルセデスベンツに独創的な改造を施すためセンサーを盗む気だったそうです。

一体どういう考えで、わざわざトイレのセンサーを取り付けようとしたのでしょうか。

詳細は以下から。Thief steals urinal sensor for Mercedes - The China Post

台北に住むWang Chi-shengは閉鎖されたガソリンスタンドに侵入した容疑で逮捕されました。彼の目的はメルセデスベンツを改良する最新設計を試すためにトイレの熱センサーを盗むことで、計画を聞いた警察官達は笑ってしまったそうです。

台湾のメルセデスベンツ技術者達は彼の計画を「信じられない」と評し、「特別な工場で作られたセンサーと公衆トイレのセンサーとの交換に成功する確率はゼロだ」と述べています。また、今回の行為を非常に危険なこととしており、改造でエンジンに電流が走ると点火して爆発する危険性もあると警告しています。

・関連記事
時速112km、ジェット噴射で爆走する世界最速の簡易トイレ - GIGAZINE

トイレで暴言を吐いていた女性が逮捕される - GIGAZINE

世界最小のトイレなど顕微鏡写真で見るミクロ単位のアートいろいろ - GIGAZINE

男性用か女性用かなんとなく理解できる世界のトイレの標識いろいろ - GIGAZINE

地面に埋まっている公衆トイレ - GIGAZINE

「自宅にトイレがない」という理由で逮捕されました - GIGAZINE

記事全文へ