矢野経済研究所が発表した、国内オンラインゲーム市場調査の「ユーザー調査編」では、オンラインゲームをする場所は「自宅」が圧倒的となり、持ち運びができる携帯型ゲーム機でも自宅利用が6割にせまっている。

一方の「ユーザー調査編」のデータを見ると、オンラインゲームをする場所は「自宅派」が96.9%と圧倒的多数を占め、「携帯電話・携帯型ゲーム機」の利用は59.0%、「ネットカフェ」利用は0.6%にとどまっている。携帯電話・携帯型ゲーム機の利用も、「自宅(家にいる時)」が59.0%、続いて「休憩時間」20.6%、「移動・待ち時間」19.6%となっており、携帯電話・携帯型ゲーム機の利用は宅外より宅内利用が多いという結果となった。

 1週間のゲームの平均遊戯時間では「30分未満」が多く、利用場所は「移動中(移動時間)」と「ゲームセンター」が8割を超え「家庭・友人宅」が続いている。また、平均遊戯時間が 「30分〜1時間未満」の人の利用場所はばらけており、多い順に「家庭・友人宅」「ゲームセンター」「移動中(移動時間)」となっている。

 また、オンラインゲームについては年代別で評価ポイントが分かれており、若年層は「長時間遊べること」、中・高年層は「短時間で遊べること」などを重視している。

【関連リンク】
「他のプレイヤーにアイテムを売ってお金をもらったら法律違反ですか?」オンラインゲームの「はてな?」その1
「日本人が海外のオンラインカジノに参加するのは違法ですか?」オンラインゲームの「はてな?」その2
オンラインバンキングは、携帯よりも自宅でゆっくりパソコンから―楽天リサーチ調査
【最新レポート】職場はGoogle、自宅はYahoo!「検索エンジン利用状況」を徹底解剖!
欧州クリスマス商戦前に最も多く検索されたのは「Wii」

MarkeZine編集部 [著]

■関連記事

学生の内定社数は4年連続で増加、「内定辞退したことある」65.2%【リクルートの就職白書2007】[2008年02月22日]

アドウェイズ、モバイルポータルサイト「Uclip」を利用して、積み上げ型のアフィリエイト収益モデルを実現[2008年02月21日]

米Google、新しい「表示URL」ポリシーを発表、リダイレクトや意味のないURLの使用を制限[2008年02月21日]

米Microsoft、Xboxユーザーコミュニティから生まれたゲームをネットで配布[2008年02月21日]



■記事全文へ