ソニー・コンピュータエンタテイメント・ヨーロッパの創設者が、PS3の故障率がわずか0.2%であることを明らかにしたそうです。

これが事実であるならば、ゲーム業界全体の平均的な故障率と比較しても大幅に低い故障率とのこと。

詳細は以下から。
SCEE Founder On PlayStation 3 Failure Rates - News at SPOnG.com

この記事によると、イギリスのエジンバラで行われたイベントで、ソニー・コンピュータエンタテイメント・ヨーロッパの創設者Chris DeeringがPS3の故障率は0.2%であると述べたそうです。

これがもし本当である場合、業界全体の平均的な故障率である3〜5%よりも大幅に低いということになり、故障率が33%とも言われているマイクロソフトのXbox360とは比べものにならないことになります。

また、ファンサイトが行った耐久テストによると、PS3を108時間ほど冷凍庫に入れてから、64時間120度のサウナに入れながらBlu-rayディスクの再生やゲームをプレイしても、PS3は壊れなかったそうです。まるで拷問のような耐久テストですが、本当にそこまで耐久性があるのであれば、すごいと言わざるを得ません。

・関連記事
2008年はPS3が加速、対してXbox360は失速気味に? - GIGAZINE

ソニー、新型PS3にPS2との互換性を搭載する意向 - GIGAZINE

難病解析プロジェクト「Folding@home」でPS3が大活躍中 - GIGAZINE

ソニー、PS3の売り上げ増加で赤字だったゲーム事業が黒字に - GIGAZINE

ソニーが振動対応コントローラーと160GB程度のHDDを搭載したPS3を出すかも - GIGAZINE

PSPにカスタムファームウェアを付けて販売していた男性を商標法違反で逮捕 - GIGAZINE


記事全文へ