(C)バードスタジオ/集英社・東映アニメーション (C)BANDAI2007 (C)2007 KOTO Co.,Ltd

写真拡大

   ドラゴンボールに登場する「スカウター」そっくりの超小型ディスプレイが発売された――J-CASTモノウォッチでは2008年2月19日の記事でそう紹介したが、スカウターそのものも商品として販売されている。

   バンダイが07年11月に発売したテレビゲーム「Let's! TVプレイ ドラゴンボールZ スカウターバトル体感かめはめ波〜おれとおめぇとスカウター〜」だ。本体をテレビと繋ぐだけで「ストーリーバトル」や「天下一武道会」など6モードのゲームを楽しめる。

   頭に「スカウター」を装着してプレイするのが特徴だ。さらに指には専用センサーを装着。このセンサーがプレーヤーの動きを検知するので、「かめはめ波」など原作に登場する技のポーズをとると、実際にゲーム上で敵を攻撃できる。

   また、ゲーム画面がスカウター画面に切り替わったときに「スカウター」のボタンを押すと、敵の戦闘力を表示したりして遊べる。ただし、こちらの「スカウター」には残念ながら映像は映らない。価格は8190円。

J-CASTニュースとは?

従来のマスコミとは違うユニークな視点で、ビジネスやメディアに関するさまざまな記事を発信しています。読者投稿のコメント欄も充実!
国内最大級の新商品サイト「モノウォッチ」も開設!