メッセンジャーで告白

写真拡大

「ねえ付き合ってよ!」「付き合って下さい」など、告り告られは、よくある話し。そんな告白経験の中でこれだけはやっちゃ駄目だという“ドン引き”告白をピックアップしてみた。


メッセンジャーで告白
メッセンジャーソフトで告白すると、なぜか冗談と思われがちだ。会話の流れで「またまたー、冗談ばっかり(笑)」と返されるのがよくあるオチだ。本気だとしても、相手からすればこういうシチュエーションでは告白して欲しくないものなのだ。


mixiのメッセージで告白
mixiでの告白や出会いは、最近では決して希なケースではなくなってきている。実際にmixiがきっかけで付き合いはじめたカップルもいるくらいだ。しかしこのようなメッセージを送ると相手の女性によっては2ちゃんねるなどにメッセージを晒されるイタズラをされることがあるので注意を払う必要もある。やはりネットでの出会いはリスクがある?


満員電車で告白
コンパや仕事の飲み会などの帰りに多い満員電車で相手と密着してぎゅうぎゅう詰め状態。飲み会の帰りに多いシチュエーションだが、その場を利用して告白しようものならドン引きである。「え、ちょっとこんな人の多い場所で……」と折角の今までのムードもぶちこわしである。


花火で告白
花火は絶好のロケーション、あたりも暗く幻想的な花火でムードは最高潮だ。そこで誰しも一度は考える「付き合って下さい」と花火で文字を書いて告白。テレビドラマのようなロマンチックなシーンだ。しかし、いざ決行してみたら「付き合って下さい」が何て書いてあるのか彼女が読めずに口頭で説明する羽目になる。彼女は「ああ、そういうことだったのね……」と、もう完全に冷めてます。


モールス信号で告白
“ツーツツツーツツ”と彼女にモールスを発信するも理解不能なため一方通行の行き止まりな告白になる。


侍語で告白
今女性に流行ってるとかいわれてる“侍語”で告白!

「拙者、貴女のことを愛狂わしく思っているでござる。是非今しがた告白の返答を頂けぬで御座らぬか!」

……と、告白すれば大好きな女性はちんぷんかんぷんで告白されたことすら気づかない。とりあえず面白いから「この人って面白い人なんだー」だけで終わりそう。


遠隔操作でリモコン告白
自分で告白する勇気の無い男性が別の人を使って「○○がA子さんのこと好きって言ってたよ」と他人に言わせる遠隔操作的な告白である。これは告白というのか微妙であるが、女性からしてみればどんな男性であろうとハッキリ言って欲しいものである(例外あり)。


仕事中に告白
相手がウェイトレスとかにありがちなシチュエーション。ウェイトレスの子に一目惚れしてしまい勤務中に告白。相手の子は「ちょっと、他のお客さんも居ますから……」とあたふたするばかり。そりゃあ上手く行くわけもなく「今は忙しいので」と返事は後回しにされ無限ループの彼方に、告白失敗ということだ。こうなってしまったら、店にも二度と行けなくなる二重苦のオマケ付き。南無……。


ネットゲー内で告白
相手が異性だと察知して、会話や趣味が意気投合しクエストの途中に「冒険中悪いんだけど……僕と付き合ってくれない?」とチャットで告白。相手のプレイヤーは「俺男なんだけどw」という逆告白! あまりのショックに二度とログインすることはありませんでしたとさ。

以上が“ドン引き”されるNG告白だ。好きな人ができたら勇気をだして堂々と本人を目の前にして状況を考え告白するのが大事だ!
その前に仲の良い女性を作らないと……。

次回はオススメの告白方法を紹介するぞ!

※上記は一部ノンフィクションです。

■オススメ! 最新人気トレビアンニュース
MHFのオフ会で出会った相手は有名アーティスト!!
才能の無駄遣い? 漢字変換ソフト『ATOK2008』の素晴らしさが分かる動画
中日ドラゴンズのマスコット『ドアラのひみつ』が初版10倍?

■関連リンク
トレビアン詳細記事
バックナンバー一覧
トレビアンニュースについて