亀田バブルはボクサーをタレント扱いするテレビ局の視聴率至上主義だけでなく、リングをとびかう札束の相場を上げてしまった。「日本は金のなる木」と考える海外プロモーターが以前に増して多くなったという。

 亀田三兄弟の次男、大毅選手を初防衛戦で破って国民的な人気を得たWBCフライ級王者の内藤大助選手(宮田)の2度目の防衛戦が3月8日、東京・両国国技館で前王者のポンサクレック・クラティンデーンジム(タイ)を相手に行われることが決まった。

 当初はあと1試合のオプション(興行権)を持つ前王者の地元・タイで開催される予定だったが、内藤陣営がオプションを買いとって日本開催にこぎつけた。

 敵地で戦うリスクを回避できた内藤だけでなく、日本のファンは人気王者の防衛戦を身近で応援できる恩恵に浴したわけだが、日本のボクシング界を広い視野で見つめると、今回の流れは決して手放しで歓迎すべき事態ではない。

「オプション」とは、ボクシングの世界タイトルマッチに慣例として存在している権利だ。わかりやすくいえば、世界タイトルに挑戦するとき、王者側が「うちの世界王座に挑戦させてあげるから、もし、あんたのところのボクサーが勝っても、○回分の防衛戦はうちのほうでいつどこで、誰とやるのか決めさせてもらう」という約束だ。

 たとえば、内藤が3度目の挑戦でポンサクレックからベルトを奪取したとき、敗れたポンサクレック陣営は2試合分のオプションを保持していた。つまり、挑戦を受けるかわりに、2度目の防衛戦までは前王者側が挑戦者を選べるというカードである。陣営がこのオプションを行使した場合、ポンサクレックと同じ人物がマネージャーを務めるタイ人のランキングボクサーが初防衛戦の相手として有力視された。

 このため、内藤の挑戦者として亀田大毅(協栄)の存在がクローズアップされると、前王者側からオプションを買い取ることがハードルの1つとされた。通常の買い取り相場は1試合あたり500万円〜1000万円程度と言われているが、日本でのアンチを含めた亀田人気を知る前王者側は交渉で高値での買い取りを要求。宮田ジムにかわって交渉にあたった協栄ジムの金平会長は「オプションの買い取りがあまりに高額だと、今後のルールが崩れていく」と懸念を示したが、結局、相場の5倍近くもする5000万円で買い取ったと噂されている。TBSの“テレビマネー”を中心に、亀田バブルを支えたスポンサー収入が見込めないとはじきだせる金額ではない。


続きはこちら

■関連記事
・なぜアジアハンドボール連盟は あれだけ強気に出られるのか【SPORTS セカンド・オピニオン】
・岡田監督の「強運」はホンモノか?【SPORTS セカンド・オピニオン】
・朝青龍謝罪で思う、大相撲ビジネスにおける経営の不在【山崎元 マルチスコープ】
・部下の話を「きちんと」聞く為に大切なこと。
・牛乳を毎日飲むと、骨がゆがむ?
・必見!冬場のダイエットの切り札はこれだ
・ダイエットに効く筋トレは、ゆっくり軽い負荷で
・成功と挫折の果てに知った経営者の醍醐味 バーチャレックス社長 丸山栄樹
・格闘技ゲームから携帯コンテンツへ進出 アンカーエンターテイメント社長 小野口考一