キャンペーンのイメージ。十和さんがTIFFA商品の活用方法を解説する動画も配信される。

写真拡大

 ディーツー コミュニケーションズ(D2C)、mediba、ジャパン・モバイル・コミュニケーションズ(J-MOBILE)の3社は、カネボウ化粧品が展開するキャンペーンで、ケータイ小説を配信する。

カネボウ化粧品の「TIFFA」は10代後半から20代前半の女性を主なターゲットとしたメイク・アメニティシリーズ。これらの若い女性向けに展開中の「TIFFAで大人カワイクなろうキャンペーン」で、人気のケータイ小説家・十和(とわ)さんの書き下ろし作品「スウィートキャンディ」が3キャリア向けに配信される。十和さんは、2006年に「クリアネス」で日本ケータイ小説大賞を受賞。 翌年2月に書籍化されると、日販文芸書ランキングで3週連続1位を獲得し、 瞬く間に20万部を突破したという。


キャンペーンのイメージ。十和さんがTIFFA商品の活用方法を解説する動画も配信される。

※画像はプレスリリースより転載。

 このキャンペーンは、「とくするメニュー/iモード」(D2C)、「とくする情報/EZweb」(mediba)、「とくする情報局/Yahoo!ケータイ」(J-MOBILE)でそれぞれ展開。3月9日まで行われるキャンペーンに参加すると、ケータイ小説や動画を楽しむことができるだけではなく、「TIFFAラメライナー」のプレゼントに応募することもできる。

【関連リンク】
トヨタ・花王が協賛する、ミクシィのWeb小説「mixi x ドラマ」とは?
モバゲーから生まれたケータイ小説「最愛の君へ。」講談社が書籍化
2007年書籍ベストセラーで、ケータイ小説が大健闘 【東日販調べ】
作家・島田雅彦がケータイ小説に挑む、そのねらいとは?
第2回 ホリスティック・マーケティング実践例(1) 花王「AUBE」のプロモーション戦略

MarkeZine編集部 [著]

■関連記事

もしも、初心者向けショップ作成サービス「できすぎくん」スタート[2008年02月19日]

エイクエント、クリエイティブ・マーケティング・コミュニケーション分野の国際給与調査を実施[2008年02月19日]

ヤフー、検索すると1日1ポイントがたまるキャンペーンを実施[2008年02月18日]

コカ・コーラ、自販機の補充作業にドコモのFOMAネットワークを活用、高層ビルや駅構内での作業を効率化[2008年02月18日]



■記事全文へ