NBAオールスター2008がいよいよ開幕! QRコードから、NBAモバイルへ今すぐアクセス!!

写真拡大

NBAオールスター2008が、現地時間2月17日(日)にアメリカ、ニューオリンズで開催される。その他にも、イベント前日には、ダンクコンテスト、スリーポイントコンテストなど各種コンテストも行われるなど、見所は満載だ。

サタデーナイトコンテストのダンクコンテストは、これまで驚異的な身体能力を武器に圧倒的なダンクを披露してきたが、近年はそれに加えてどれだけ独創的なダンクを披露できるか、そのクリエイティビティが問われている。今年は昨年の王者、ジェラルド・グリーンが王座を守れるか、それとも再戦となるドワイト・ハワードや初参加となるルーディ・ゲイ、ジャマリオ・ムーンらがそれぞれの技とパワーを競い合う。

スリーポイントシュートの成功数を競うスリーポイント・シュートアウトは、ダンクコンテストのパワーとは対照的にシュートの正確さ、その技を競い合う。昨年の王者、ジェイソン・カポノに対するはルーキー・チャレンジでMPVを獲得したD・ギブソンを始め、S・ナッシュ、D・ノビッツキー、P・ストヤコビッチ、R・ハミルトンら、豪華な顔ぶれが揃う。

しかし、オールスター本戦では、セルティックスへ移り、最多得票を集めたケビン・ガーネットの出場は怪我により流れ、昨年は5選手がオールスター戦の欠場を余儀なくされたが、ここまではガーネットとカロン・バトラー出場辞退を表明している。

また、イーストのスターターに選出されたジェイソン・キッドのマーベリックス移籍の話からも、目が離せない。ファン投票で選ばれた選手のカンファレンスを挟んだ移籍は、過去に前例がないからだ。

各チームのヘッドコーチは、イーストがセルティックスのドック・リバース氏、ウェストがホーネッツのバイロン・スコット氏。そのHCの特徴と重ねるのも、オールスターゲームの楽しみの1つ。昨季は超攻撃型オフェンスで知られるサンズのマイク・ダントーニHCが、スターダマイヤー、マリオン、カーメロ、コービー、マクグレディの速攻型メンバーを第3Qで起用するなど、大量153得点を奪い勝利を収めた。

■両カンファレンスのメンバーは次ページへ