業界初となるマイナス25℃の冷凍環境を実現したアイス用クレーンゲーム機「トリプルキャッチャーアイス」や野球盤を超巨大にしてゲームセンター用のアミューズメントマシンにした「SBBB スーパービッグベースボールボード」を展示するアトラスブースをご紹介。

詳細は以下から。ガリガリ君を販売する赤城乳業とのコラボで誕生したガリガリ君モデルの「トリプルキャッチャーアイス」。


ガリガリ君がアイスを取るためのポイントを教えてくれます。


冷蔵や保冷のみしかできなかった従来のクレーンゲームとは違い、マイナス25℃の冷凍環境を作り、アイスなどの冷凍プライズを入れることが可能になっています。ゲームセンターでも使えるように100Vの電源で動かせるようにしているそうです。

コンビニに置いてあるアイスのケースと同じようにガラスに霜がつかない工夫がされているとのことで、クリアな視界を保ったままゲームを楽しめます。


そしてこちらが、プロ野球のシーズンオープンに合わせた3月に稼働開始する巨大野球盤「SBBB スーパービッグベースボールボード」。


もの凄くデカイ盤面。


カウントは電光掲示板に表示。


大きな筐体を活かしてボールの投球音やバッティング音も再現し、臨場感溢れるゲームが楽しめます。投球側はカーブやシュートの変化球はもちろん、球速のスピードもコントロールすることができ、本家野球盤と同じように消える魔球も投げられるようになっています。

ヒットを打つと大歓声が。


そしてこれが消える魔球。クレジットは1イニング100円・3イニング200円。3イニング用に終盤の7回表から開始することができ、野球のクライマックスを体感しながら遊べる仕様です。


号外新聞風チラシ。


紹介イベントも行われていました。


開発グループの方がオススメする二人用ハンマーゲーム「POKOPOKOトンカッチン」。


対戦はもちろん協力プレイするゲームもあり、様々なハンマーゲームを遊べるようになっています。


・関連記事
海に落ちた自動車を引き上げようして起きたハプニング - GIGAZINE

タワーを積み上げて町を作っていくゲーム「TOWER BLOXX」 - GIGAZINE

「新魔球」が搭載された50周年モデル「野球盤エース」が発売 - GIGAZINE

ガリガリくんがアイスキャンディ型入浴剤になって発売 - GIGAZINE

触ると固まっていく「インスタント・ホット・アイス」のムービーなど - GIGAZINE

記事全文へ