水木一郎、影山ヒロノブ、奥井雅美などの人気アニメソング歌手たちによって結成された音楽ユニット「JAM Project」が、ライブ終了後に乗った新幹線での度を越したマナーの悪さをブログで指摘され、謝罪したそうです。

いったい何があったのでしょうか。

詳細は以下から。
発端となったのは以下のブログ。

人生あがるさがる:Jam Projectはクズだ - livedoor Blog(ブログ)

この記事によると、2月11日(月)に名古屋で行われたJAM Projectのライブ「JAPAN FLIGHT 2008 No Border」の帰りの新幹線で、JAM Projectのメンバーやスタッフなどの10数名が、持ち込んだビールで乾杯した後、酔っぱらって車内を走り回る、大声で騒ぐなどの迷惑行為を繰り広げたそうです。

そしてこの新幹線にたまたま乗り合わせた投稿者は、その光景を見て「Jam Projectはクズだ」としたとのこと。なお、この投稿を受けてJAM Projectの主要メンバーである影山ヒロノブ氏が公式サイトでコメントを出しました。

COMMUNITY|JAM Project OFFICIAL SITE

このページによると、ブログに書かれていることに対して「恥ずかしながら、これはほんまに全部事実。」と認めた上で、同じ新幹線に乗り合わせた人々に対して「貴重な休息時間を妨害してしまい、すみませんでした。」と謝罪しています。

確かにマナーの問題が前提としてあるのに加えて、ビジネス疲れで休息している人などにとっては、車内で騒がれるのは困りものですね…。

・関連記事
少年マガジン増刊に掲載された作品に盗用があったとして編集部が謝罪 - GIGAZINE

ケンタッキー、「ゴキブリを揚げた」という従業員の投稿に関して釈明 - GIGAZINE

楽天証券、Wikipediaの記事を削除した件について謝罪 - GIGAZINE


記事全文へ