ミルコの登場に集まった300人のファンも拍手喝采!UFCとの契約に関しては「問題ない」(笹原氏談)という

写真拡大 (全2枚)

2月13日(水)都内・飯田橋のホテル・メトロポリタン・エドモンドにて、総合格闘技新イベント「DREAM」の発足公開記者会見が、集まった300名のファン立会いのもとに行われた。

「DREAM」では、K-1シリーズ、HERO'Sの運営でお馴染み、株式会社FEGが運営母体となり、かつてPRIDEを運営した株式会社ドリームステージエンターテインメントのスタッフが中心となって結成された『やれんのか!大晦日!2007』実行委員会が制作を担当する。

会見の冒頭では、谷川貞治FEG代表取締役が挨拶、「この大連立という大きな流れを途切れさせてはいけない。思い切って新たなイベントを立ち上げ、それはPRIDEでも、HERO'Sでもない、大連立の夢の続きを行いたい。主催はFEGですが、制作プロデュースは、やれんのか!チーム任せて、私はK-1シリーズに専念しようと思います」とイベント発足趣旨を語った。

また、この日の会見には、ミルコ・クロコップを筆頭に、所英男、山本“KID”徳郁、宇野薫、ミノワマン、桜井“マッハ”速人、青木真也、川尻達也、石田光洋、桜庭和志ら20選手以上が出席。各選手、イベントへの意気込みを語っている。

更に、3月15日の旗揚げイベントでは、青木真也とJ.Z.カルバンの一戦も正式に発表。2008年のDREAMは、3月15日(土)のさいたまスーパーアリーナ大会を皮切りに、4月29日(さいたま)、5月11日(さいたま)、6月中旬(韓国or横浜アリーナ)、7月21日(大阪城ホール)、9月下旬(さいたま)と現在6大会が決定、本年度はライト級とミドル級の2大トーナメントを柱に、ベルトの新設も行う。

※続報は後ほどアップします!