様々なPCレトロゲームを配信するプロジェクトEGGにて、PC-9801版の初代「イース」が配信開始されました。最初に発売されたのは1987年で今から20年以上前の作品となっており、シリーズ最新作の「イース・オリジン」と比べるとグラフィックの進歩がよく分かります。

かなり昔の作品なので無料で配信開始かと思ったのですが、コンテンツ料金945円がかかるそうです。

詳細は以下から。レトロゲーム総合配信サイト プロジェクトEGG - ゲームカタログ - Ys (1987年)

初代「イース」は「今、RPGは優しさの時代へ。」というキャッチコピーで、複雑で難易度の高いゲームが多い時代にクリア可能なことを売りとして出されたゲーム。PC8801版が1987年6月21日に発売されて以降、PC98からX68000にユーザーによって移植された海賊版から、さまざな要素が加えられたPS2版の「イースI・IIエターナルストーリー」まで何度も移植やリメイクされた人気作品です。

ノスタルジックな気分になれるゲーム画面。




ゲームをプレイするためには月額315円のプロジェクトEGG会員登録の他、コンテンツ料金945円が必要となります。また、Vista上での動作に関しては全てサポート対象外。XPの場合は動作はしてもサポートは対象外となっているので注意してください。

・関連記事
日本ファルコム最新アクションRPG「イース・オリジン」をプレイしてみた - GIGAZINE

日本ファルコムの「英雄伝説 空の軌跡 the 3rd」をプレイしてみた - GIGAZINE

1980年代のゲームがブラウザでできる「1980 games」 - GIGAZINE

BGMがどこか懐かしいレトロ風アクション「Dot Action 2」 - GIGAZINE

世界中で売れなかったゲーム機ワースト10 - GIGAZINE

記事全文へ