ダイエットを続けていても、何かのきっかけでやめてしまうというのはよくある話。しかし、そんなことをしているからダイエットができないというのもまた現実。そしてまた振り出しに戻り、リバウンドし、後悔して再開するものの長続きせず……という負のスパイラルへ。

というわけで「ダイエットを続けるための5つのコツ」というものを見つけたので紹介しておきます。もしかすると成功するようになるかも。

詳細は以下から。
5 Ways to Pick up the Exercise Habit Again - Lifehack.org

1.自分にちゃんと時間を与える
日々の生活習慣といったものはいわゆるルーチンワークであり、その中に運動する時間を組み込め、というもの。とにかく絶対に毎日30分間、何があっても絶対に運動するための時間を確保して続けていけ、と。というのも日々の同じ生活の中にそもそも運動する時間が組み込まれていないのがダイエット失敗のもとであり、「絶対に自分のためだけに費やす時間」というものを確保していないから失敗する、という理屈らしい。

2.太ったときに着ているその服を始末しろ
現時点で太っている場合は来ている服自体がそういう自分の体型を隠すような服ばかりであるはずなので、現実から目を背けずにそういう太っている用の服を着るのはやめろ、と。そのためにもダイエットから撤退できないように自分の体型を隠すような服はタンスにしまってテープでも貼って出せないようにしておけ、ということ。

3.魅力的なご褒美を自分に用意する
ダイエットして体重を落とすことに成功した際に自分に与えるごほうびについて、つまらないちょっとしたごほうびといったものではなく、もっとレベルが上のもの、例えば大型テレビを買うであるとか、新しいダイニングセットを揃えるであるとか、とにかく実際にやる気が出るだけの魅力的な見返りを用意しておくこと、だそうです。

4.一人では続かないから、みんなでやる
友人や隣人、仕事仲間、同じように体重を落とす必要がある家族などを巻き込み、なおかつ相互にダイエットの状態を見張り続けるような協定を結べ、ということ。オンラインの自分のプロフィールに自分の正直な体重を掲載しておくというのも有効な方法だそうです。

5.鏡の前に立て
何もかも失敗したときには全裸で等身大の鏡の前に立ち、正面から横、さらには全身をぐるりと鏡で見るべきだそうです。少なくとも1週間に1回か2回はこのようにしてあらゆる角度で自分の裸の状態をチェックすることで、モチベーションが保てるらしい。

・関連記事
Wii Sportsでダイエットは可能 - GIGAZINE

毎日ハンバーガーを食べるダイエットで20kg以上の減量に成功 - GIGAZINE

「ウーロン茶を飲んでいると肥満にならない」は本当だった - GIGAZINE

120キロカロリー分の食事量はどれぐらいなのか、写真で実感してみる - GIGAZINE

太りすぎという理由でニュージーランドが夫婦の移住を拒否 - GIGAZINE

世界の国を肥満率の高い順に並べるとこうなる - GIGAZINE

182kgもの減量に成功した男 - GIGAZINE


記事全文へ