株式会社メディアクリエイトの調査によると、Wiiがキラータイトル「大乱闘スマッシュブラザーズX」を、そしてPS3は「デビル メイ クライ 4」を発売したことを受けて、それぞれ発売初週としては過去最高の販売本数を記録したそうです。

詳細は以下の通り。
週間ソフト&ハードセルスルーランキング(2008年1月28日〜2月3日)

このページによると、2008年1月28日〜2月3日までの1週間で、Wiiソフト「大乱闘スマッシュブラザーズX」は81万9647本を売り上げたそうです。これは2001年11月に発売されたGC版「大乱闘スマッシュブラザーズ DX」の初週販売本数32.8万本を大幅に上回るもので、今まで発売されたWiiソフトをも上回っているとのこと。

そしてPS3ソフト「デビル メイ クライ 4」も発売初週で20万5390本を売り上げており、これまで発売されたPS3ソフトの中でトップに。また「魔界戦記ディスガイア3」や「アサシン クリード」といったPS3ソフトもベスト10にランクインするなど、健闘を見せているとしています。

「大乱闘スマッシュブラザーズX」の圧倒的な勢いに加えて、苦戦していたPS3もソフトが順調に売れ始めたことを考えると、ようやくユーザーの選択肢が広がりだしてきた気がしますね。

・関連記事
ついに「マリオカートWii」の発売日が決定か - GIGAZINE

任天堂、Wiiソフト「大乱闘スマッシュブラザーズX」が動作しない場合の対応策を発表 - GIGAZINE

ソニー、PS3の売り上げ増加で赤字だったゲーム事業が黒字に - GIGAZINE

Xbox360がWiiよりも安くなるかもしれません - GIGAZINE


記事全文へ