マイクロソフトはXbox360の新しいエントリーモデルとして、「Xbox360アーケード」を3月6日より2万7800円で発売することを発表しました。

エントリーモデルながらもHDMI端子を搭載しており、ワイヤレスコントローラとメモリーユニット、そしてソフト5本が付属するとのこと。

詳細は以下の通り。
Xbox 360 の新しいエントリー モデルが登場
「Xbox 360 アーケード」を 3 月 6 日より 27,800 円 (税込) で発売


このリリースによると、今回発売される「Xbox360アーケード」はHDMI端子を搭載したXbox360と256MBのメモリーユニット、さらに5本のゲームタイトルを収録した「Xbox LIVE アーケードオムニバスディスク」のほかに、従来のコアシステムでは付属しなかったワイヤレスコントローラが付属しています。なお、HDDは非搭載。

ちなみに「Xbox LIVE アーケードオムニバスディスク」に収録されているゲームタイトルと通常販売価格は以下の通り。

フィーディング フレンジー」(800マイクロソフトポイント)
Pac-man Championship Edition」(800マイクロソフトポイント)
Luxor 2」(800マイクロソフトポイント)
UNO」(400マイクロソフトポイント)
Boom Boom Rocket」(800マイクロソフトポイント)

オムニバスディスクを付けずにWiiと同じ2万5000円にするという発想は無かったのでしょうか…。

関連記事
今日から期間限定でXbox LIVEアーケードのゲームが無料配信 - GIGAZINE

Blu-rayドライブを採用したXbox360が登場するかも - GIGAZINE

今年中に新型のXbox360、その名も「Xbox360 Ultimate」が登場するかも - GIGAZINE

マイクロソフト、Xbox360用ソフトのラインナップを2倍に - GIGAZINE


記事全文へ