昨季の年間タイトルを獲得したF1フェラーリのドライバー、キミ・ライコネンが、2連覇への意気込みを語った。独紙“Bild”のインタビューに応じたライコネンは「昨季タイトルを獲得したからといって、今もまだ喜びや満足感に浸っているわけではなく、08年に向け始動している。全てのレースで結果を出せなければ喜べない。自分は常に優勝を目指しており、たとえ3位でも納得いく結果ではない。連覇を狙っている」と力強く語った。

また所属チームであるフェラーリの環境についてライコネンは「フェラーリが自分にとって最後のF1チームになるだろう。何故ならばここの居心地は最高だからだ」と話した。