これは2008年1月15日に撮影されたもので、パレスチナの狙撃兵に狙われたとあるニュース番組の取材チームが逃げまどう戦慄の映像です。実際に銃弾が近くをかすめ、伏せて逃げたり、弾が次々と発射される音や叫び声など、かなり生々しいショッキングな映像です。

再生は以下から。
YouTube - News Crew attacked by Palestinian Snipers


ムービーの説明によると、狙撃兵は最初にエクアドルから来た通訳のボランティアを射殺、次にこのニュース番組の取材クルーに狙いを定め、撃ってきたとのこと。ムービー後半では次々と銃弾が近くの木に命中していくというとんでもない状態になっています。

なお、このムービーが撮影された現場は以下の「Ein Hashlosha」という場所らしいです。

大きな地図で見る

・関連記事
iPodが盾となり、銃弾から兵士の命を救った - GIGAZINE

世界の女性兵士の写真 - GIGAZINE

女性の命を救ったのに、なぜか会社をクビになった男 - GIGAZINE

銃を撃ったときのすごすぎる反動でひどい目に遭うムービー - GIGAZINE

小型テスラコイルでプラズマ銃を作ってしまった男 - GIGAZINE

7才の少年が銃の絵を描いて停学にされる - GIGAZINE

FPSゲーマーが女性を救う - GIGAZINE


記事全文へ