コミック連載開始から今年で29周年を迎える「キン肉マン」。その人気は当時の子ども達にブームを起こす程で、テレビアニメ放送に合わせて出されたゴム製のキャラクターフィギュア「キンケシ」も爆発的に売れました。その「キンケシ」が復刻されて2008年3月上旬より販売されます。

当時の「キンケシ」は名前と違って消しゴムとしての機能はないので、文字を消そうとするとノートとフィギュアの両方にヒドイ黒ずみが出来てしまうものだったのですが、今回復刻される「キンケシ」にもやっぱり消しゴム機能はないようです。

詳細は以下から。1980年代に大ヒットしたキンケシがついにガシャポンRで復活!「29(にく)周年記念 キンケシ復刻版 夢の超人タッグ編」〜2008年3月上旬より発売〜 バンダイ プレスリリース

当時の「キンケシ」累計販売数は約1億8000万個で、キャラクター数200種類以上が商品化されたそうです。今回復刻されるフィギュアは全20種類で、1つのカプセルにフィギュアが2体入って100円。肌色の他にも、何とも言えない気分になる赤色と青色のカラーバリエーションがあります。

フィギュアの組み合わせは以下の通り。

1. マッスルブラザーズ (キン肉マン & キン肉マングレート)
2. ニューマシンガンズ (テリーマン & ジェロニモ)
3. はぐれ悪魔超人コンビ (アシュラマン & サンシャイン)
4. モーストデンジャラスコンビ (ブロッケンJr.& リキシマン)
5. ヘルミッショネルズ (ネプチューンマン & ビッグ・ザ・武道)
6. 2000万パワーズ (モンゴルマン & バッファローマン)
7. 四次元殺法コンビ (ペンタゴン & ブラックホール)
8. 超人師弟コンビ (ロビンマスク & ウォーズマン)
9. 完璧超人コンビ (スクリューキッド & ケンダマン)
10. ビッグ・ボンバーズ (スペシャルマン & カナディアンマン)


第2弾は2008年8月に発売予定とのことなので、今回目当てのフィギュアがなくても今後復刻される可能性があるようです。

・関連記事
キン肉マンの肉まん「キン肉まん」を食べてみた - GIGAZINE

肉が通常の3倍、すき家の「メガ牛丼」を食べてみました - GIGAZINE

ピザハットの「マリア様がみてる」ピザボックスを注文してみた - GIGAZINE

ヤマザキの「ゲゲゲの鬼太郎パン」4種を食べてみました - GIGAZINE


記事全文へ