米Amazon子会社で、世界的に人気のある映画のデータベースIMDbと、ユニークな自主制作映画支援ビジネスを展開しているWithoutaboxが買収についての合意に達した。


 新しい映画を発表するだけでなく、配給や興行収入に結びつけるチャンスを得るための場として、サンダンス映画祭をはじめとして世界各国でさまざまな映画祭が行われている。Wtihoutaboxは、こうした映画祭へエントリーするための手続きを簡略化するオンラインツールを開発。現在200か国15万人の映画製作者が利用しており、検索可能な映画祭の数は3000件にのぼっている。

 Wtihoutaboxは、映画のプロモーションに欠かせないオンラインのプレスキットの作成や予告編の公開などのさまざまな支援サービスを提供するほか、前売券の売れ行き状況によって収益が見込める地域の映画館をブッキングする、「クリティカルマス・チケッティング」というシステムを現在特許出願中だという。

 今回の買収によって、毎月5000万の映画ファンが訪れる映画・テレビ番組のデータベース「Internet Movie Database(IMDb)」に、Withoutaboxのコンテンツが加わることになるが、今後もロサンゼルスを拠点として独自の活動を続けることになるという。

【関連リンク】
映画「エクスマキナ」のオンライン試写会をmixiで開催
「国際ニコニコ映画祭」作品募集スタート、ひろゆき氏、手塚眞氏、大月俊倫氏も審査員に
ウノウ、「映画生活 for iPod」を公開
携帯クチコミの主役は10代女性、最もクチコミされるのは「映画・音楽」
KDDIと20世紀フォックス、「24」のDVD無料配布を起点とした携帯連動型プロモーションを展開

MarkeZine編集部 [著]

■関連記事

モバゲー米国進出、DeNAが米国に子会社設立[2008年01月18日]

ユーザーを囲い込む時代は終わった?米Yahoo!が「OpenID」サポート[2008年01月18日]

セプテーニ・クロスゲートとアイサイト、モバイルSEOを活用した広告商品を開発[2008年01月18日]

人気があるのはYouTubeやニコ動だけじゃない、ソニーの動画共有サービス「eyeVio」は画質で高評価[2008年01月18日]



■記事全文へ