2008年の幕が開きました。新年の楽しみの一つに年賀状があります。
子供の頃の年賀状の枚数を競ったという経験をもつ人も多いかと思います。

 そこで、livedoor ニュースでは1月1日〜1月7日まで「年賀状、何通受け取りましたか? 」というテーマで世論調査を行ってみました。

 結果は、1位が31通以上、2位が5通以下と、上位二つを「受け取っている人」と「受け取っていない人」に別れました。
現代人のコミュニケーションのあり方の二極化が、ここでも現れたということでしょうか。

 31通以上受け取っている人の意見では、「年賀状だけが貴重なコミュニケーション手段になっている人も多い」「大切な交流」「常識じゃないの?」「メールよりも心の通うツール」といった、インターネット時代でもアナログを大事にするという意見が寄せられました。

 逆に5通以下の人の意見では、「面倒だし」「来たら出す」「全てメールで」「面倒だし」など、インターネット時代のドライな意見が多く現れています。


■関連リンク
もらってうれしい年賀状は、やはり「ハガキ」 - Business Media 誠
あなたは年賀状を“出す”派?それとも“出さない”派? - PJ
新年のあいさつ、あなたは年賀状派? それともメール派? - Business Media 誠

他の世論調査を見る

世論調査の結果はコチラで。