今季限りで退団したフェルナンド・アロンソに代わり、マクラーレンに移籍が決まったコバライネンが同僚となるルイス・ハミルトンについて語った。イギリス紙“The People”のインタビューに応じたコバライネンは「ハミルトンとは良い関係を築きたいが、彼が有利な条件を得ることは明確だ。ルイスが優遇されたとしても、自分も張りあっていきたい。できるだけ長くマクラーレンに在籍したいので、全てがうまくいくことを願っている」とコメントした。