渡辺洋香プロ
 「麻雀(マージャン)のルールがわからない」「雀荘に行くのは抵抗がある」という人のためのオンライン麻雀講座。「はこパラオンライン」で活躍中の女性プロ雀士「まーじゃん娘」が毎回登場しRBB娘たちに麻雀を伝授します。インタビューではまーじゃん娘たちの知られざる魅力にも迫ります。さらにはオンライン麻雀サイト「はこてんパラダイス」(はこパラ)を使って、実際に対戦も。第2回は、麻雀とはそもそもどんなゲームなのか、“基本のき”から渡辺洋香プロが教えてくれます。

◆前回のあらすじ

 “大人のオンナ”に成長することを目指して、麻雀を覚えるために、高田馬場の雀荘にサンタクロースのコスプレで集まった加奈子、みわぽりん、かおりん、アッキー(私)の4人、通称「RBB娘」。しかし誰1人ルールがわからず、初日から頭を抱えるハメに。そこに通りかかったのが、女性プロ雀士の渡辺洋香(わたなべようこ)さんと手塚紗掬(てづかさきく)さん。そして2人は、私たちの先生役となってくれることになりました。

◆麻雀講座がいよいよスタート!

 サンタコスプレから数日……。麻雀への想いは募るものの、いまだ麻雀デビューを飾れない私たちRBB娘は、いよいよ本格的な麻雀勉強を始めることに。まずは、渡辺洋香プロに、基本を教えていただくことになりました。

 渡辺プロは、女性から見ても、私服が超カワイイ! しかも先生役ということで、さりげにメガネと指示棒まで身に着けてのご登場。ボードの前に立って、いよいよ麻雀講座がスタートしました。

◆ついに謎解き!? そもそも麻雀ってどんなゲーム?

---さて、そもそも私たち4人は、麻雀のルールがまったくわかっていません。知っているのは、「4人でやること」「牌を使うこと」ぐらい。先生、これで正しいですか?

「そうですね。3人でプレイするルール、さらに2人でプレイするルールもありますけど、基本的に、麻雀は4人で行います」

---この牌は、どう使うんでしょう?

「トランプと同じで、自分の手元にまず13枚の牌を置きます。ここに1枚、ツモってきた牌を足します。この14枚の手牌で、“綺麗な組合せ”を作ればいいんです」

---14枚も手元に牌があるんですか!? すごく多いですね。

「そうですね。でも作る形は基本的に決まっていて、3枚1組のセットを4つ、それと同じ牌2枚のセットを1つ、これで14枚になるんですね」

---3+3+3+3+2、で組合せを作ると……。

「そう。この組合せによって、いろんな“役”があって、点数が変わってきます。だから、1枚牌を引いたら、いらない1枚を捨てていって、それを繰り返します。で最後にでき上がった役に応じて、点数が入ります」

「そうですね、トランプだったら、セブンブリッジやポーカーを思い出せばいいでしょう」

◆麻雀で使う牌は全136枚!

---麻雀の牌も、トランプみたいにいろんな種類があるんですね。

「そうですね。まず麻雀牌は、数字が書かれた『数牌(すうはい)』と文字が書かれた『字牌(じはい)』に分かれています。さらに数牌には、竹で数字を表した『索子(そうず)』、筒の切り口で数字を表した『筒子(ぴんず)』、萬(万)の字を使った『萬子(まんず)』の3タイプがあります」

---ようするに、索子、筒子、萬子、字牌の4タイプですね。

「そう考えるといいでしょう。ちなみに索子、筒子、萬子は、1から9までの9種類があります。字牌は東(とん)南(なん)西(しゃー)北(ぺー)の4つと、白(はく)発(はつ)中(ちゅん)の3つ、計7種類があります。あと、漢字や数字は、発祥の国・中国風の読み方や順序で読むのがスタンダードね」

---複雑になってきました。ええっと、数牌が3タイプで9種類、字牌が東南西北白発中で7種類……。