アトレティコ・マドリーのポルトガル代表MFマニーシェがアトレティコのユニフォームを着ることはなくなったようだ。同クラブは冬の移籍マーケットでマニーシェの放出を決定している。アトレティコのメンバーにとっては衝撃のニュースとなっている。

 アトレティコで2シーズン目となる今シーズン、ポルト時代のパフォーマンスを取り戻したマニーシェは、レギュラーに定着し、中盤でラウル・ガルシアとコンビを組み、高いパフォーマンスを見せていた。実際、出場停止となったレクレアティーボ戦を除き全試合に出場とアギーレ監督の信頼も得ていた。

 しかし、マニーシェは、ケガをしたと偽り12日に行われたスペイン国王杯、対グラナダ74戦の出場を回避。このマニーシェの重大な規律違反を重く見たアギーレ監督は、彼をチームから隔離することを決定した。

 アトレティコには、今シーズン終了後に契約が切れるマニーシェをこの冬の移籍マーケットで放出することを検討しているとの噂も上がっていたが、今回の件でマニーシェの放出は確実とされている。マニーシェは、年内最後となるエスパニョール戦の招集メンバーからも外れ、そのまま移籍となる見込みだ。

(スペイン通信)