2007年9月28日(金)に本体ならびに付属周辺機器などのサポートが終了したセガの家庭用ゲーム機「セガサターン」や「ドリームキャスト」ですが、現在は中古を含めて手に入れることができなくなっています。

しかし今回法改正を受けて、もう一度手に入れるチャンスが出てきました。

詳細は以下から。
中古家電、PSEマークなしで販売可能に

この記事によると、2001年4月1日に施行された電気用品安全法によって、2006年4月1日から「PSEマーク」がついていない中古家電の販売が行えなくなる「PSE問題」が発生していましたが、明日12月21日から施行される改正電気用品安全法によって、旧電気用品取締法の安全基準に適合している中古家電なら、製品の安全性を示す「PSEマーク」の添付がなくても販売できるようになるそうです。

そして「セガサターン」や「ドリームキャスト」は、規制対象品となったために中古販売ができなくなっていましたが、この度の改正を受けて販売が再開されるようです。

なお、以下のリンクによると「レーザーアクティブ」「3DO REAL」「PC−FX」といったゲーム機も対象に入っていたとのこと。

Sales INSIDE / 中古販売市場の現状(その1) - iNSIDE

昔遊んだゲーム機でもう一度遊びたいという人にとっては朗報なのではないでしょうか。

・関連記事
セガ、「ドリームキャスト2を作る予定はない」とコメント - GIGAZINE

「ソニック・ザ・ヘッジホッグ2」をHD画質にするとこうなる - GIGAZINE

世界中で売れなかったゲーム機ワースト10 - GIGAZINE

フルスピードで動作するドリームキャストのエミュレータ「nullDC」 - GIGAZINE


記事全文へ