年間ベストバウトは、この一戦で決まりか? フエルタが大逆転の1本勝ち

写真拡大 (全6枚)

「グイダは信じられないぐらいタフなファイターだ。UFCをメキシコで開催したい」――、感極まり涙ながらに勝利者インタビューに応えるロジャー・フエルタ。今年の北米MMA、ベストバウトといっても過言でない、クレイ・グイダ戦を大逆転のチョークで破ったフエルタは、一部で「ズッファにプロテクトされている」という批判の声を一掃したといえるだろう。

9日(土・現地時間)、ラスベガスのザ・パールで行われた「ジ・アルティメット・ファイター シーズン6フィナーレ チーム・ヒューズ×チーム・セラ」。セミファイナルのシーズン6決勝のウェルター級戦では、マット・ヒューズの教え子でヒューズ同様にファーマーボーイ&レスラーというトミー・スピアーと、かつてKOTCライト級王者でPRIDE USA大会では桜井マッハ速人と戦ったこともあるマック・ダンジグが対戦。